対象疾患

向き癖による頭蓋変形(頭囲性頭蓋変形)

赤ちゃんはお母さんのおなかの中から出てきやすいように、頭の骨を変形させて出てきます。それだけ赤ちゃんのあたまは柔らかく、お腹のなかで横位になっていたり、あるいは多胎、早期下降や羊水が少なかったりすると、赤ちゃんの頭に圧力がかかり変形してしまいます。
その他にも出産時の外圧で変形したり、そして一番多いのが同じ方向で寝かせ続けたり、抱っこしている「向き癖」によるものです。

向き癖による頭の変形の代表例

向き癖による頭の変形の代表例

様子を見るだけでは、自然に改善することは少なく、時として頭蓋縫合早期癒合症という病気のこともあるために、気になった場合には早めに受診されることをお勧めしております。
「向き癖」であれば、赤ちゃんの成長に影響することはありません。また『まっすぐ歩けなくなる』、『斜視になる』といううわさがインターネットには載っていますが、向き癖とは関係がありません。ただ、将来的に頭の形がゆがんでいると、眼鏡のサヤの長さの調整が必要になったり、野球帽が安定しない、といった生活上のちょっとした不都合はあるようです。

ご自宅でできる方法としては、できるだけ同じ姿勢での寝かせっぱなしを続けさせないことです。意外と見落としがちなのは、ベビーカーです。小さいうちからのベビーカーの使用は向き癖がつきやすくなります。また向き癖対策で有名なのが「ドーナツ枕」ですが、正直効果はありません。民間療法の「頭蓋骨矯正」も根拠がなく、消費者庁からも注意喚起されております。繰り返しにはなりますが、寝かせっぱなしを続けさせないことが大切です。
欧米ではラッコケアといって、おなかのうえに赤ちゃんを腹ばいに乗せる姿勢を1日5分、6か月まで行うことを推奨しています。

積極的な治療方法としてはヘルメットを使って、きれいな頭の形に誘導する方法があります。ただヘルメット治療は保険適応外の治療となります。
ご自宅での対処方法もヘルメット治療も、頭蓋骨が柔らかく、脳が大きくなるスピードが速いうちに行うことが効果的です。そのためにも、できるだけはやく診断を受けることが重要で、生後6か月を超えると矯正が難しくなります。
当院では頭蓋縫合早期癒合症ではないことを鑑別した上で、ヘルメット治療をご希望の場合には関連施設(赤ちゃんのあたまの形クリニック)へご紹介させていただいております。